日本のウイスキーといえば、「竹鶴」を忘れてはいけません。
日本人にとってはなじみ深いお酒ですが、数々の品評会でアワードを受賞するなど、世界的にも評価の高いウイスキーです。
この記事では、そんな慣れ親しんだ竹鶴の味わいや、買取り価格の相場についてご紹介します。

1.竹鶴とは


ニッカウヰスキーが製造し、アサヒビールが販売を担当している、日本が世界に誇るジャパニーズウイスキーです。
1創業者にあたる竹鶴 政孝氏が、ウイスキーの本場スコットランドに出向いたのは1918年のこと。
数々の蒸溜所を巡り、ウイスキーづくりの研究に没頭しました。
ドラマを見ていた方なら、その研究成果が詰まった「竹鶴ノート」という名前には聞き覚えがあるのではないでしょうか。
帰国後はサントリーの前身となる寿屋で、日本人によるウイスキーづくりを開始します。
その後、彼は北海道に移り、ニッカの前身となる大日本果汁株式会社を立ち上げ、ニッカウヰスキーを完成させるのです。
そしてさらなる研鑽を積んだ結果、とうとう2000年に「竹鶴12年ピュアモルト」を生み出しました。
発売されるや否やそのシンプルで本格的な味わいが大人気となり、瞬く間に日本中を席巻することとなります。
竹鶴は、シングルモルトの味わいとブレンデッドの飲みやすさを両立させるため、すでに販売されていたニッカのシングルモルトである、余市と宮城峡を独自の比率で混ぜ合わせることで完成するのです。

2.竹鶴の味わい


このウイスキーの味わいを象徴する最も特徴的な部分は、口中に柔らかく広がるモルトの優しい香りと、ライムにも形容されるような柑橘的なすっきりとした味わいです。
正にシングルモルトの香りと、ブレンデッドの後味を両立させているといえるでしょう。
また同じシリーズでも、その熟成期間の違いによって、様々な表情を見せてくれるところも竹鶴の魅力です。

3.買取り価格をご紹介


竹鶴には多くの種類があり、最も安い「ピュアモルト ノーマル」は1,000円程度ですが、「17年」なら、8,000円、「21年」は20,000円前後と買取り価格には幅があります。
また「ポートウッドフィニッシュ」や「マディラウッドフィニッシュ」であれば、60,000円以上。
「35年」のように希少なものは、250,000円以上と、大変高額な1本も存在しています。
お酒買取り市場においても大変高い評価を得ていることが垣間見えるようです。